審査甘い消費者金融一覧

在籍確認とは

消費者金融やローン会社といった貸金業が顧客にお金を貸す場合、必ず申込書に記載されている勤務先へ連絡を取り、本当に在籍しているか否かの在籍確認を取ります。通常、会社名を名乗らず、個人名で「○○さんはおられますか?」といった簡単なやり取りです。

もしもここで嘘の勤務先を記載していれば、即審査で落とされることとなります。勤続年数については、尋ねることはありませんので、多少多めに記載していても問題ないでしょう。自営業者で自宅が勤務先になっている場合は、自宅へと連絡がきます。

最近はこういった在籍確認を省略する信販会社も増えてきています。クレジットカードなどは審査の簡素化に取り組んでおり、勤務先への在籍確認はほぼ無しで、審査時間も一時間未満のスピード審査を実現させています。こういったスピード審査に取り組むからには、在籍確認を省略する以外に方法はないのだと思います。

ただ、信用情報機関へのデータ取り寄せは実行されます。つまり、審査基準の大部分はこの信用情報機関のデータ解析(現在の借金総額、過去の借金履歴)になっているよです。

消費者金融でキャッシングをする際の審査とは